レビュー

猫が教えてくれたこと(Kedi)

投稿日:2018年1月30日 更新日:

おすすめ度

Kediキット ♤ 2.5 ★★☆
アイラ ♡ 3.0 ★★★

トルコの古都イスタンブールに暮らす猫たちと、彼らを愛してやまない人々との昔ながらの関係を綴ったドキュメンタリー。人間から棲み家や食べ物を与えられながら、気ままに暮らす大勢の野良猫たち。低い目線のカメラを通して、長年受け継がれてきた暖かいつながりをとらえていく。アメリカでは単館公開から始まりやがて130館にまで拡大。外国語ドキュメンタリーとしては異例のヒット作品となった。

 

言いたい放題

アイラ♡ 『岩合光昭の世界ネコ歩き』イスタンブール版という感じかしらね。猫好きなら何時間でも観ていられるけど、興味のない人には・・・。

キット♤ 岩合さんばりの低アングルカメラを使って、ほぼ猫の視線でイスタンブールの街の風景を垣間みることができる。商店主や港で働く人など、地元の人たちが自分の愛する猫について思い入れを込めて語る。猫の映画でありながら、猫を語る人々の映画でもあるな。

♡ イスタンブールは野良猫が多いらしいのやけど、知る限り、イスラム圏の人たちってとてもよく猫を可愛がってはるよね。本作でも、猫好きの人たちは飼い猫でなくても限りなくよく世話をしていて、しかも誰もが猫との関係に一家言を持ってる。野良猫を排除しない、ゆったりと構えた豊かで鷹揚な人々の精神には、どこか感じる部分があったわね。

♤ たまたま最近イスタンブールを訪れる機会があったので、街の景色や人々を興味深く観ることできた。猫たちもごく自然に街のなかに溶け込んでる。ただ、猫好きかトルコ好きでないと退屈するかもな。

♡ 欲を言えば、もっとイスタンブールの街を観たかったかな。でも猫たちがみな個性的で、それぞれが人との関係性のなかでしたたかに生きている様子はなかなかおもしろかったわ。

♤ ただ、この日本語タイトルはいただけないな。原題はトルコ語の「猫」で、猫は特に何も教えてくれない。

 

予告編

スタッフ

監督 ジェイダ・トルン

 

キャスト

本人 イスタンブールの街の人々

 

レクタングル336

レクタングル336

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ベイビー・ドライバーのポスター

ベイビー・ドライバー(Baby Driver)

おすすめ度 キット ♤ 4.5 ★★★★☆  アイラ ♡ 4.5 ★★★★☆ 子どものころの事故の後遺症で聴覚に障害を持つベイビー。iPodで音楽を聴くことで集中力が高まり、驚異的なドラインビングテク …

きっと良い日のポスター

きっと、いい日が待っている(Der kommer en dag/The Day Will Come)

おすすめ度 キット♤ 3.5 ★★★☆ アイラ♡ 4.0 ★★★★ 1960年代、コペンハーゲンの養護施設で起きた実話をもとに、過酷な環境を生き抜いた兄弟を描く。デンマーク・アカデミー賞で作品賞をはじ …

「Loving」のポスターの写真

ラビング 愛という名前のふたり(Loving)

おすすめ度 キット♤ 4.0 ★★★★ アイラ♡ 4.0 ★★★★ 1958年のアメリカ。黒人の恋人ミルドレットの妊娠を機に結婚を決意する白人のレンガ職人リチャードは、異人種間結婚を認めるワシントンD …

Denial

否定と肯定(Denial)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ ホロコーストは存在しなかったと主張するイギリスの歴史家と、これを見過しにはできないユダヤ系アメリカ人歴史学者が争った「アーヴィング …

One Cut of the Dead

カメラを止めるな!(One Cut of the Dead)

おすすめ度 キット ♤ 4.0 ★★★★ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ 映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品。緻密に計算された構成や脚本 …