よもやま

よく行く映画館(1)TOHOシネマズ六本木ヒルズ

投稿日:2017年4月10日 更新日:

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の入り口

映画館案内

六本木ヒルズのけやき坂コンプレックスにある映画館。自宅から頑張れば歩いていける距離にあるので最もよく行く映画館。六本木ヒルズが完成した2003年4月開業。元々はヴァージンシネマズのシネマコンプレックスとして計画されていたらしいが、ヴァージンシネマズが東宝に買収されTOHOシネマズと社名変更したという経緯。その後、東宝直営館もTOHOシネマズに統合され、新しいシネマコンプレックスも造られ都内のスクリーン数は増えたが、ここがTOHOシネマズの都内で最初のシネマコンプレックス。

スクリーンの数は全部で9。スクリーン1~6は入り口と同じフロアにあり、このフロアには売店、券売機、VIT発券機などもある。残りのスクリーン7~9はエスカレータを上がった上のフロアにある。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」のロビー

飲み物、食べ物のカウンターは間口が広くゆったりしているが週末などはかなり混む。六本木ヒルズという場所柄、客は若い人が多い。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の売店

一方で、パンフレット、グッズ売り場は隅っこの狭いところで担当者も1人。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の売店

VIT端末は導入当初は台数が少なく順番待ちすることがあったが、その後台数が増えたのでほぼ待たずに発券できるようになった。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」のVIT端末

スクリーン1~6へは通路の入口でチケットのチェックがあって、そこから奥へと進む方式。一方、上のフロアのスクリーン7~9は部屋の入り口でチケットをチェックする。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の通路

164席のスクリーン1。縦に細長いので後ろの方の席からだと大画面の迫力はないが、後方の席の傾斜は十分取ってあるので前の人の頭がじゃまにならず見やすい。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」のスクリーン1

同じく124席のスクリーン6。こちらも似たレイアウト。

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」のスクリーン6

席数が多くスクリーンが大きいのはスクリーン7の531席、スクリーン2の351席、スクリーン5の256席。他は100~164席と中~小規模。

開業以来14年になるのでTOHOシネマズ日本橋などと比べると古さを感じるが、一度リニューアルされていて座席も良い。音響も全スクリーンとも5.1チャンネルデジタルサウンド対応、スクリーン7はドルビーアトモス、スクリーン8はMX4Dシアター対応となっている。

地図

レクタングル336

レクタングル336

-よもやま

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小説「ミレニアム」シリーズの本の写真

『ミレニアム』続編、映画化決定!

「ミレニアム」はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説。今まで、第1部「ドラゴン・タトゥーの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」が出版され、主人公リスベッ …

「Dark Tower」のポスター

ステーヴン・キング原作、映画『ダーク・タワー』のポスターがリーク

1年前の映画化が発表以来消息が無かった「ダーク・タワー」の映画ポスターがネットにリークされた。このポスターについてはステーヴン・キング自身が認めたらしいので、どうやら本物。 「ダーク・タワー」とは? …

「Dark Tower」のポスター

『ダーク・タワー』のオフィシャル・トレーラーが公開される

先日「ダーク・タワー」のポスターについて書いたばかりだが、今度は公式予告編が公開された。しかも3分近い長いもの。 予告編にはローランド(イドリス・エルバ)、ジェイク(トム・テイラー)が出ているが原作で …

TOHOシネマズ日劇の外観

よく行く映画館(3) – TOHOシネマズ日劇

映画館案内 丸の内ピカデリーが松竹の旗艦劇場なら、東宝の旗艦劇場は同じ有楽町センタービルの阪急側にあるTOHOシネマズ日劇。こちらも3つのスクリーンを擁し、667席のスクリーン2と523席のスクリーン …

「Han Solo」のスタッフ、キャストの写真

スターウォーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ』の続報

©2017 Lucasfilm Ltd.   かねてより製作がアナウンスされていた「ハン・ソロ(正式タイトル未定)」のキャスト、スタッフの写真がスターウォーズの公式サイトで公開されています。 …