よもやま

よく行く映画館(2) – 丸の内ピカデリー

投稿日:

丸の内ピカデリーの入り口

映画館案内

東宝と並ぶ映画の製作、配給、興行会社の雄、松竹の旗艦劇場。3つのスクリーンを擁し、丸の内ピカデリー1、2は有楽町センタービルルミネ側9階、丸の内ピカデリー3は有楽町マリオン新館5階にある。前身は1924年に開設された「邦楽座」、その後経営の変更、改名などを経て1984年に有楽町マリオンの現在の場所へ移転して今に至る。その間延べ93年、現在の場所へ移転してから33年という歴史のある映画館。

同じ有楽町センタービルの阪急側9階にはライバル東宝の旗艦劇場TOHOシネマズ日劇が相対する。

TOHOシネマズ日劇の入り口

東京都内のスクリーン数では松竹は東宝に遅れをとっており、時代の流れも巨大劇場からシネコンへと移ってきた中で、やや古めかしさは否めない。しかし、802席の丸の内ピカデリー1、586席の丸の内ピカデリー2、540席の丸の内ピカデリー3というハコの巨大さは200~300席がメインのシネコンにはない威厳と風格を感じさせる。

丸の内ピカデリー1と2のレイアウト

最新のドルビーアトモスではないが、音響はドルビーデジタルに対応している。アナログ時代のドルビーSRの銘版が妙に物悲しい。

丸の内ピカデリーのドルビー銘版

入り口の左側には自動発券機があるが、わずか2台あるのみ。数人の行列ができることがあるが、2台で賄えるということは観客の年齢層が高いということか?

丸の内ピカデリーの自動発券機

2つ並んだ1口の右が丸の内ピカデリー1、左が丸の内ピカデリー2。2つは館内の案内カウンターの前で繋がっているが行き来はできない。写真は丸の内ピカデリー1側から見たところ。

丸の内ピカデリーの案内書

館内の壁、床は赤で統一されたデザイン。照明も明るすぎること無く、落ち着いた雰囲気。

丸の内ピカデリーののロビー

両館とも1階席と2階席に分かれている。

丸の内ピカデリーの階段

丸の内ピカデリー1の1階席。30年以上前の設計なので、床の傾斜が小さく混み合うと前の人がじゃまになりそう。

丸の内ピカデリーの1階席

丸の内ピカデリー1の2階席。こちらの方がしっかり傾斜している。おすすめは最前列の中央。視点は大きなスクリーンの中央よりやや上になるが見下ろす感じでもなく見易い。

丸の内ピカデリーの2階席

こちらは丸の内ピカデリー2の1階席。やはり傾斜が少ない。

丸の内ピカデリー2の1階席

同じく丸の内ピカデリー2の2階席。十分前後の段差が取られているが最前列がおすすめ。

丸の内ピカデリー2の二階席

設備は最新ではないが、映画が娯楽の王者だった頃の栄光のなごりを感じさせる映画館。スクリーンは大きいし、圧迫感のない空間でゆったりと映画を観るのも悪くない。

地図

レクタングル336

レクタングル336

-よもやま

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恵比寿ガーデンシネマのロビー

よく行く映画館(5) – YEBISU GARDEN CINEMA

映画館案内 恵比寿ガーデンプレイスの一角にあるミニシアター。1994年に「恵比寿ガーデンシネマ」として開館したが、2011年に休館。約4年を経て2015年に「YEBISU GARDEN CINEMA」 …

「The Last Jedi」のタイトル

スターウォーズ エピソードVIII「The Last Jedi」のオフィシャル・ティザーが公開

今年のクリスマスに公開予定のスターウォーズ・シリーズ最新作の予告編が公開されました。 全体で2分12秒のビデオの内容は、前作のラストでレイがルークを発見した島でジェダイとしてのトレーニングをしていると …

小説「ミレニアム」シリーズの本の写真

『ミレニアム』続編、映画化決定!

「ミレニアム」はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説。今まで、第1部「ドラゴン・タトゥーの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」が出版され、主人公リスベッ …

「Han Solo」のスタッフ、キャストの写真

スターウォーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ』の続報

©2017 Lucasfilm Ltd.   かねてより製作がアナウンスされていた「ハン・ソロ(正式タイトル未定)」のキャスト、スタッフの写真がスターウォーズの公式サイトで公開されています。 …

TOHOシネマズ六本木ヒルズ外観

よく行く映画館(1)TOHOシネマズ六本木ヒルズ

映画館案内 六本木ヒルズのけやき坂コンプレックスにある映画館。自宅から頑張れば歩いていける距離にあるので最もよく行く映画館。六本木ヒルズが完成した2003年4月開業。元々はヴァージンシネマズのシネマコ …