レビュー

プーと大人になった僕(Christopher Robin)

投稿日:

おすすめ度

Christopher Robin

キット ♤ 3.5 ★★★☆
アイラ ♡ 3.0 ★★★

A・A・ミルン原作でディズニーがアニメ化していた人気キャラクター「くまのプーさん」の実写映画化版。「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束してプーと別れた少年クリストファー・ロビンは、歳月が流れて大人になり、妻子ある一介のビジネスマンとして忙しく働いていた。仕事に忙殺されて家族と過ごす時間もままならず、自分を見失いそうになっていたある日、彼のもとへプーが姿を現す。プーたちと100エーカーの森で過ごすうちに、クリストファー・ロビンは本当に大切なものを思い出していく。クリストファー・ロビンには『スター・ウォーズ』シリーズなどのユアン・マクレガー。監督は『007 慰めの報酬』『ネバーランド』などのマーク・フォースター。

 

言いたい放題

アイラ♡ 子ども時代に「くまのプーさん」や「プー横丁にたった家」を読んでたり、ディズニーアニメのプーさんを観た人には懐かしさで一杯になる作品。ぬいぐるみたちの造形や名前、挿入曲などはディズニーアニメにのっとってるので、アニメ作品の実写化版という位置づけになるかな。

キット♤ ディズニーによるアニメ化作品は2011年の『くまのプーさん(Winnie the Pooh)』が最後。本作はその後日談みたいなものやな。主人公の少年クリストファー・ロビンと「100エーカーの森」に住むぬいぐるみたち、すなわちプー(くま)、ティガー(虎)、オウル(フクロウ)、イーヨー(ロバ)、ピグレット(豚)たちと冒険するというような話。「100エーカーの森」はクリストファー・ロビンの想像上の世界という解釈もあるけど、ここでは超自然的な別空間のように描かれている。そういう予備知識があれば、イーヨーのしっぽ探しのエピソードなどと絡めて楽しめるのかもしれないが、全く知らなくても楽しめる。

♡ このぬいぐるみたち、使い込まれて薄汚れた感じがよく出ていてぐっと来る。実写化に際しては、実際にぬいぐるみを作って撮影したそうやけど、フィルム撮影されたという森の風景となじむぬくもりのある映像は一見の価値あり。

♤ プーとティガーの声はジム・カミングスという人がやっていて、彼は前作のアニメでも同じ役を担当していた。

♡ アメリカでは大ベテランの声優さんらしいね。

♤ プーたちは不思議な通路を使って人間社会へやってくる。原題が『Christopher Robin』であるように、主人公はクリストファー・ロビン。ただし中年のおっさんになってる。子どものころは「100エーカーの森」で遊んだのに、いまや業績不振の企業の中間管理職でリストラを迫られているという役をユアン・マクレガーが好演。家族との約束もなかなか果たせず、上司からの締め付けに苦しんでいるところへプーがやってきて、次第に昔の気持ちと家族の絆を取り戻していく・・・という外しようがない仕立てはさすがのディズニー。

♡ 会社勤めに疲弊して、家族との気持ちもすれ違いばかり・・・という普遍的なストレスにさらされていたクリストファー・ロビンが、大切なものに気づいていくという話自体はどうってものではないし、ある意味ディズニーが王道としてきたストーリー。それでもこの温かさはやはり捨てがたい。ただ、クリストファー・ロビンがプーたちと出会って、ビジネスへの視点を一変させるヒントを得られたとはいえ、会社員生活は続いていくというあたりに、ちょっぴり現実的な苦味もあったかな。

♤ 視点を変えられたというところに意味があるんやろと思う。会話のなかで、ぬいくるみのプーが「I am a bear of very little brain.(僕は頭の悪いくまなんだ。)」というところでころっとやられる。

♡ 「プーさん」の原作は実に哲学的な言葉に満ちていて、子ども向けとしてもそれが深い魅力になってる。私の一番好きな言葉は定番中の定番である「What I like doing best is nothing」やけど、これに「なにもしないをすること」という日本語訳を与えた翻訳者にはほんとに敬服する。

♤ 出演者は他に、クリストファー・ロビンの奥さん役に『キャプテン・アメリカ』の恋人役を演っていたヘイリー・アトウェル。クリストファー・ロビンの上司が、テレビドラマ『SHERLOCK』でマイクロフトを演っていたマーク・ゲイティス。

 

予告編

スタッフ

監督 マーク・フォースター
原案 グレッグ・ブルッカー
マーク・スティーブン・ジョンソン
脚本 アレックス・ロス・ペリー
トム・マッカーシー
アリソン・シュローダー

 

キャスト

ユアン・マクレガー クリストファー・ロビン
ヘイリー・アトウェル イヴリン・ロビン
ブロンテ・カーマイケル マデリン・ロビン
マーク・ゲイティス ジャイルズ・ウィンズロウ
ジム・カミングス プー(声)/ティガー(声)
ブラッド・ギャレット イーヨー(声)
トビー・ジョーンズ オウル(声)
ニック・モハメッド ピグレット(声)
ピーター・キャパルディ ラビット(声)
ソフィー・オコネドー カンガ(声)
サラ・シーン ルー(声)

 

レクタングル336

レクタングル336

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Call Me by Your Name

君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ 1980年代のイタリアの美しい風景をバックに、17歳と24歳の青年たちのひと夏の情熱的な恋を描く。原作はアンドレ・アシマンの同名小 …

「Hell or High Water」の英語のポスターの写真

最後の追跡(Hell or High Water)

おすすめ度 キット ♤ 4.5 ★★★★☆  アイラ ♡ 4.5 ★★★★☆  家族の土地を守るため銀行強盗を繰り返す兄弟と、彼らを追う年老いたテキサス・レンジャーを描く。不況にあえぐテキサスの田舎町 …

On the Basis of Sex

ビリーブ 未来への大逆転(On the Basis of Sex)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.0 ★★★ 史上初の男女平等裁判に挑んだアメリカの女性弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの半生を描く。ユダヤ人家庭に生まれ、家庭と勉学を両立さ …

ダンケルクのポスター

ダンケルク(Dunkirk)

おすすめ度 キット ♤ 4.0 ★★★★ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ 『ダークナイト』や『インターステラー』など独特の作風を持つノーラン・ライアン監督が、実話をもとに初めて手がける戦争映画。1940 …

「約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー」のポスター

約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー(Take Me to the River)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ ブラック・ミュージックの故郷ともいうべき米メンフィスを舞台とする音楽ドキュメンタリー。ブルース、ソウル、R&Bなどの分野 …