レビュー

パッドマン 5億人の女性を救った男(Padman)

投稿日:

おすすめ度

Padman

キット ♤ 4.0 ★★★★
アイラ ♡ 4.0 ★★★★

安全・安価な生理用品の開発と普及に奔走したインド人男性の実話物語。いまなお女性の生理を不浄と考えるインドのある村で、ラクシュミは高価な生理用品が買えず不衛生な布で処理する妻のため、外国製品を模した清潔で安価なナプキンの手作りに挑んでいた。日夜生理用品の研究に没頭するラクシュミを村人は白眼視し、妻もそれを死ぬほどの恥だという。やがて彼の熱意を理解した女性パリーの協力を得て、ついに低コストで大量生産できる製造機を開発。それは農村の女性たちに、ナプキン製造だけでなく労働と収入確保の機会を与えていくことに・・・。主演は『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』のアクシャイ・クマール。

 

言いたい放題

キット♤ 絶好調が続くインド映画の中でもこの映画はやや異色。インドで所得の低い一般人でも買える安価で衛生的な生理用ナプキンを開発、商品化して普及させた実在の人のお話。

アイラ♡ 社会的な問題提起にまで踏み込むまじめで硬派な内容なのに、ボリウッドお約束の群舞シーンやしつこいほどの歌やギャグも満載で、娯楽作の雰囲気も忘れていない。

♤ 冒頭の短い時間のなかで、主人公ラクシュミがガンジス川沿いの地方都市の町工場で働いていて、優秀な加工技術を持っているだけでなく発明の才覚があることを要領よく見せている。そして妻ガヤトリと結婚することで生理が「穢れ」とされていて、そのあいだは家事ができず夜も家の外で寝なければならないということに不合理を感じるようになる。生理が一般にタブーとされていたことは、ラクシュミは母親と妹たちと一緒に暮らしていたのに結婚するまで意識していなかったということからも窺える。

♡ ラクシュミは若くて愛らしいガヤトリにベタ惚れで、玉ねぎカッターや自転車の後部シートなど、彼女に困りごとがあるとみるや持ち前の器用さで即座に解決していく。これがナプキン開発への伏線となっていくのやけど、2000年代に入ってもなお、インドの田舎ではこんな状況なのかということに驚かされる。日本にも女性が相撲の土俵に上がれないなどの風習がないわけじゃないけど、日常生活で不浄視されることはないし、高機能で安価なナプキンが容易に手に入るのが当たり前やから・・・。

♤ 2001年当時、インドで手に入る生理用ナプキンは輸入品で高価すぎるため普及率は10%以下。不衛生な布で処理する妻の健康を心配したところから、ラクシュミの廉価版ナプキン開発の努力が始まる。といっても簡単に成功したわけではなく、失敗の連続。そのたびに周囲の人たちや家族からも白い目で見られ、夫の没頭ぶりを恥と感じる妻からも愛想を尽かされる。失敗する場面はだいぶ誇張されていると感じたけど、それもインド映画らしさではあるな。

♡ 愛する妻のためとはいえ、男がこういうことに首を突っ込むことへの周囲の偏見もさることながら、女性たちの拒否反応の強さにも驚いた。ラクシュミは村の会議にまでかけられてしまう始末。近代化よりも因習を重視する人々を変えていくには、相当強い力が必要だと思わせる。

♤ 結局ラクシュミは、独力で完成度の高いナプキンを開発するというか外国製品を安価にコピーする方法を見つけることに成功する。でも根がエンジニアなので、製造機械を作ることはできても、製造販売の事業化の才覚はない。そこに現れるのがパリーという女性。村々を回ってラクシュミの機械を売り込むだけでなく、その機械を使っての生産と商品の販売を村の女性に任せることで女性のための雇用と現金収入を創るという離れ業をやってのける。このパリーという女性は重要な役柄で、とても魅力的に描かれていて、映画の終盤ではラクシュミに好意を見せるようなところもあるが、実在した人かどうかは不明。

♡ 彼女はMBAを取るほどの知性の持ち主で、いわば開かれた新しいインド人女性を代表する存在として描かれる。タブラ奏者でもあり、インドという国の古い伝統を愛しながら、社会が抱える問題も理解しているから、不条理を当然のこととして受け入れてきた女性たちの自立を草の根的に促すというアイディアが出てくる。ボリウッドお約束の群舞といったけど、これはラクシュミの結婚式と、彼の妹が初潮を迎えたお祝いの場面の2回。つまり女性が華やかに着飾り周囲からちやほやされるのは生涯でこの2回だけで、それ以外は全近代的な因習に縛られていることをほのめかしているわけで、うまい対比を見せてると思ったわ。

♤ 最後の国連での怪しい英語のスピーチは、脚色されていたとしてもとても印象的な内容でよかった。こういうテーマの作品は、国によっては映画館で観るのを気恥ずかしく感じたり、あるいはタブーを犯していると思われても不思議ではない。実際、クウェートとパキスタンでは上映禁止になっている。インド本国ではヒットしていて、内容が啓蒙的なことから政府の支援を受けて学校で上映することも考えられているという。

♡ 80年代にバングラデシュにグラミン銀行ってマイクロファイナンス機関ができたときのことを思い出したけど、ソーシャルビジネスという形で社会問題が発展的に解決していくには、国民への啓発も欠かせないものね。うまくいってほしいと思う。

 

予告編

スタッフ

監督 R・バールキ
脚本 R・バールキ

 

キャスト

アクシャイ・クマール ラクシュミ
ソーナム・カプール パリー
ラーディカー・アープテー ガヤトリ

 

レクタングル336

レクタングル336

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「Silence」の英語のポスターの写真

沈黙 サイレンス(Silence)

おすすめ度 キット ♤ 4.5 ★★★★☆ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ 遠藤周作の小説『沈黙』を、巨匠マーティン・スコセッシが28年間温めた末に映画化。キリシタンへの弾圧が激しさを増していた江戸初期 …

Stan & Ollie

僕たちのラストステージ(Stan & Ollie)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ ハリウッドの映画創成期を支えたアメリカの伝説的お笑いコンビ「ローレル&ハーディ」。“極楽コンビ”として100本以上の作品に出演し …

Ce qui nous lie

おかえり、ブルゴーニュへ(Ce qui nous lie)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリー(ドメーヌ)を舞台に、ここで成長した3人兄弟それぞれの生き方を描く。世界を旅するため家を出た …

素敵な遺産相続(Wild Oats)

おすすめ度 キット ♤ 2.5 ★★☆ アイラ ♡ 3.0 ★★★ 夫に先立たれた元教師のエヴァ(シャーリー・マクレーン)。長年連れ添った夫に先立たれるが、生命保険会社の手違いで多額の保険金を受け取っ …

きっと良い日のポスター

きっと、いい日が待っている(Der kommer en dag/The Day Will Come)

おすすめ度 キット♤ 3.5 ★★★☆ アイラ♡ 4.0 ★★★★ 1960年代、コペンハーゲンの養護施設で起きた実話をもとに、過酷な環境を生き抜いた兄弟を描く。デンマーク・アカデミー賞で作品賞をはじ …