よもやま

よく行く映画館(3) – TOHOシネマズ日劇

投稿日:

TOHOシネマズ日劇の9階入り口

映画館案内

丸の内ピカデリーが松竹の旗艦劇場なら、東宝の旗艦劇場は同じ有楽町センタービルの阪急側にあるTOHOシネマズ日劇。こちらも3つのスクリーンを擁し、667席のスクリーン2と523席のスクリーン3は丸の内ピカデリーと同じ9階に、946席のスクリーン1は11階にある。3スクリーン合計の2,136席は丸の内ピカデリーの3スクリーン合計1,928席を凌ぐ巨大なキャパシティ。歴史を遡れば前身は1933年興行開始の日本劇場。その後、経営が東宝に移り、1984年の有楽町マリオン竣工の年に現在の場所へと移っている。

チケットカウンターは各階ではなく、1階のエレベーター横にあるのは丸の内ピカデリーと同じ。

TOHOシネマズ日劇の1階チケットカウンター

9階の反対側にはライバル「丸の内ピカデリー」がある。

TOHOシネマズ日劇の向かいのピカデリー

ネット予約していけばチケットカウンターに寄らずに劇場フロアへ直行して、TOHOシネマズの自動発券機「vit」から発券できる。しかし9階には端末が2台しか無かった。

TOHOシネマズ日劇の自動発券機

スクリーン3のロビーと売店。

TOHOシネマズ日劇のロビー売店

スクリーン3を右後方から見たところ。本編上映時にはスクリーンはさらに左右に広がるのでかなり大きく迫力がある。座席はその大きなスクリーンに合わせて横に広く前後に短い配置。最前列はかなりスクリーンに近いので中央だと画面全体が視野に入らないかもしれない。また、丸の内ピカデリーと同様、造りが古くてフロアの傾斜が少ないので前の席に座高の高い人が座るとかなり辛い。また丸の内ピカデリーと違って1フロアなので2階席がないところも見やすさの点で難がある。

TOHOシネマズ日劇のスクリーン3

今風の勾配を付けた見やすい映画館と比べて古めかしいことに加えて、映画の興行自体が巨大映画館を連日埋めるだけの集客が難しくなったということからなのか、来年(2018年)に予定されている日比谷のシネマコンプレックス開業にて、TOHOシネマズ日劇は閉館となる予定。時代の流れは致し方ないが、少々寂しい気がする。特に、スクリーン1の946席はこれを超えるハコは今後ないかもしれないので、機会があれば閉館までに再訪してみたい。

地図

レクタングル336

レクタングル336

-よもやま

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イット」のポスター

ステーヴン・キング原作『イット(It)』の予告編がアクセス記録更新!

ステーヴン・キングの長編小説「It」は1990年にテレビドラマが製作されている。これはDVDで販売されていたと思うが、評価は芳しくなかった。 これとは別に、映画化が進められていて既に撮影は完了している …

「Dark Tower」のポスター

『ダーク・タワー』のオフィシャル・トレーラーが公開される

先日「ダーク・タワー」のポスターについて書いたばかりだが、今度は公式予告編が公開された。しかも3分近い長いもの。 予告編にはローランド(イドリス・エルバ)、ジェイク(トム・テイラー)が出ているが原作で …

「The Last Jedi」のポスター

スターウォーズ 「The Last Jedi」のポスターと新女性キャラクター

Poster of the new movie Star Wars: The Last Jedi 年末公開予定で現在ポスト・プロダクション中のスターウォーズ エピソードVIII「The Last Je …

「Han Solo」のスタッフ、キャストの写真

スターウォーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ』の続報

©2017 Lucasfilm Ltd.   かねてより製作がアナウンスされていた「ハン・ソロ(正式タイトル未定)」のキャスト、スタッフの写真がスターウォーズの公式サイトで公開されています。 …

小説「ミレニアム」シリーズの本の写真

『ミレニアム』続編、映画化決定!

「ミレニアム」はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説。今まで、第1部「ドラゴン・タトゥーの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」が出版され、主人公リスベッ …