よもやま

『ミレニアム』続編、映画化決定!

投稿日:

小説「ミレニアム」シリーズの本の写真

「ミレニアム」はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説。今まで、第1部「ドラゴン・タトゥーの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」が出版され、主人公リスベット・サランデルの強烈な個性が多くのファンの心をわしづかみにした。

映画化はまず母国スウェーデンで行われ、2009年に3部作が一気に公開されている。

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」予告編

「ミレニアム2 火と戯れる女」、「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」予告編

このヒットに目をつけたハリウッドが2011年に第一部を原作にデヴィッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ主演でリメイクし、「ドラゴン・タトゥーの女」として公開、これもヒットしたが、製作は第1部のみで続編の映画化は行われなかった。

「ドラゴン・タトゥーの女」予告編

このように小説、映画ともに成功したミレニアムだが、作者のスティーグ・ラーソンは2004年に心臓発作で亡くなっていて、その成功を目にすることはなかった。また、ラーソンは、ミレニアムを全10部作にする構想を持っていたらしいが、第4部を執筆中に亡くなって未完に終わっている。

その後、遺産相続で揉めているとかの噂があったが、2015年にスウェーデンの作家ダヴィド・ラーゲルクランツによって第4部が執筆、出版されている。翻訳版を読んでみたが、主要人物のキャラクターも前作を踏襲してイメージが保たれているだけでなく、文体もラーソンの3部作にかなり近いので全く違和感を感じなかった。

今回発表されたのはアメリカでの続編で、当然第2部が映画化されるのかと思ったが、なんと2と3を飛ばして第4部を元に映画化されるらしい。監督、キャストも総入れ替えとなるくらいしか分かっていないが、アメリカでの公開予定日は2018年10月となっているので、順調に製作が進めば来年末~再来年に掛けて日本で観ることができそう。できれば、スウェーデンでも第4部が映画化されて両方を観ることができればなお良いのだが。

レクタングル336

レクタングル336

-よもやま

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

TOHOシネマズ六本木ヒルズ外観

よく行く映画館(1)TOHOシネマズ六本木ヒルズ

映画館案内 六本木ヒルズのけやき坂コンプレックスにある映画館。自宅から頑張れば歩いていける距離にあるので最もよく行く映画館。六本木ヒルズが完成した2003年4月開業。元々はヴァージンシネマズのシネマコ …

映画「イット」のポスター

ステーヴン・キング原作『イット(It)』の予告編がアクセス記録更新!

ステーヴン・キングの長編小説「It」は1990年にテレビドラマが製作されている。これはDVDで販売されていたと思うが、評価は芳しくなかった。 これとは別に、映画化が進められていて既に撮影は完了している …

「Dark Tower」のポスター

『ダーク・タワー』のオフィシャル・トレーラーが公開される

先日「ダーク・タワー」のポスターについて書いたばかりだが、今度は公式予告編が公開された。しかも3分近い長いもの。 予告編にはローランド(イドリス・エルバ)、ジェイク(トム・テイラー)が出ているが原作で …

「The Last Jedi」のタイトル

スターウォーズ エピソードVIII「The Last Jedi」のオフィシャル・ティザーが公開

今年のクリスマスに公開予定のスターウォーズ・シリーズ最新作の予告編が公開されました。 全体で2分12秒のビデオの内容は、前作のラストでレイがルークを発見した島でジェダイとしてのトレーニングをしていると …

日比谷シャンテ外観

よく行く映画館(4) – TOHOシネマズシャンテ

映画館案内 TOHOシネマズの系列館の中では、大作映画ではないインディ系、アート系の作品を上映するミニシアター的な異色の存在。スクリーンは3つあり、4階のスクリーン1は224席、2階のスクリーン2は2 …