よもやま

ステーヴン・キング原作、映画『ダーク・タワー』のポスターがリーク

投稿日:2017年3月20日 更新日:

1年前の映画化が発表以来消息が無かった「ダーク・タワー」の映画ポスターがネットにリークされた。このポスターについてはステーヴン・キング自身が認めたらしいので、どうやら本物。

「ダーク・タワー」とは?

多作で知られる作家ステーヴン・キングの作品の中でも、彼のライフワークとされる長編小説。キングが学生時代に書き始めたもののその後中断、約30年の歳月を経て2004年完成している。この間にキングが書いた、「呪われた町」、「アトランティスのこころ」、「タリスマン」などの多くの小説の登場人物が「ダーク・タワー」にもカメオのように登場したり、善と悪との超自然的な力の対立の概念が共有されるなどキングの集大成といえる作品。

映画化について

2006年3月にソニー・ピクチャーズ制作で映画化されることが発表された。監督はニコライ・アーセル、主人公の「ローランド」には「フレンチ・ラン」のイドリス・エルバ、敵役「黒衣の男」には「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーがキャスティングされている。発表当時は2017年1月全米公開が予定されていたが、予定通りに公開されず頓挫したのではないかと心配されていた。今回、ポスターが公開されたことで予定よりも遅れながらも制作されていることが分かってファンは胸をなでおろしているのではないだろうか。
一方で、映画の詳細は明らかになっていない。なにせ、原作が全7部におよぶ大作なので2時間枠の映画一本に押し込めるには無理がある。「スターウォーズ」や「指輪物語」のようにいくつかに分割して映画化が妥当なところと思うが、現時点では分からない。

映画ポスター

リークされたポスターは、マンハッタンのエンパイヤステートビルが見える通りを天地逆にした構図。一番下に並んでいる2人は「ローランド」と彼と共に旅をする少年「ジェイク」と思われる。ローランドは両手に拳銃を下げている。摩天楼が上下逆になるような場面は原作にはないが、「ダーク・タワー」でも使われるパラレルワールドの概念をイメージしたものかもしれない。そして、空の白く見える部分が2人が向かう先にそびえ立つ「ダーク・タワー」の白黒反転と見た。

横書きの映画タイトルの脇には、主演のはイドリス・エルバとマシュー・マコノヒーの名前が見える。そして右下には「JULY 28」の日付が入っている。まさか、2018年7月じゃないよね。

映画「ダーク・タワー」のポスター

Source: Sony Pictures

レクタングル336

レクタングル336

-よもやま

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日比谷シャンテ外観

よく行く映画館(4) – TOHOシネマズシャンテ

映画館案内 TOHOシネマズの系列館の中では、大作映画ではないインディ系、アート系の作品を上映するミニシアター的な異色の存在。スクリーンは3つあり、4階のスクリーン1は224席、2階のスクリーン2は2 …

「The Last Jedi」のポスター

スターウォーズ 「The Last Jedi」のポスターと新女性キャラクター

Poster of the new movie Star Wars: The Last Jedi 年末公開予定で現在ポスト・プロダクション中のスターウォーズ エピソードVIII「The Last Je …

TOHOシネマズ日劇の外観

よく行く映画館(3) – TOHOシネマズ日劇

映画館案内 丸の内ピカデリーが松竹の旗艦劇場なら、東宝の旗艦劇場は同じ有楽町センタービルの阪急側にあるTOHOシネマズ日劇。こちらも3つのスクリーンを擁し、667席のスクリーン2と523席のスクリーン …

TOHOシネマズ六本木ヒルズ外観

よく行く映画館(1)TOHOシネマズ六本木ヒルズ

映画館案内 六本木ヒルズのけやき坂コンプレックスにある映画館。自宅から頑張れば歩いていける距離にあるので最もよく行く映画館。六本木ヒルズが完成した2003年4月開業。元々はヴァージンシネマズのシネマコ …

「The Last Jedi」のタイトル

スターウォーズ エピソードVIII「The Last Jedi」のオフィシャル・ティザーが公開

今年のクリスマスに公開予定のスターウォーズ・シリーズ最新作の予告編が公開されました。 全体で2分12秒のビデオの内容は、前作のラストでレイがルークを発見した島でジェダイとしてのトレーニングをしていると …