レビュー

ヒトラーに屈しなかった国王(Kongens nei)

投稿日:

おすすめ度

Kongens neiキット ♤ 3.5 ★★★☆
アイラ ♡ 3.5 ★★★☆

第2次世界大戦下、ナチスドイツの侵攻に抵抗したノルウェー国王ホーコン7世が下す決断までの3日間を描く。国家の絶対的な危機という瀬戸際に立たされる国王の誇りある判断を追った本作はノルウェーで大ヒットを記録し、アカデミー外国語映画賞に向けたノルウェー代表作品にも選ばれた。1940年4月9日、ノルウェーの首都オスロにナチスドイツが侵攻。ノルウェー軍も応戦するが、ドイツの軍事力は圧倒的で主要都市は次々と占拠される。ドイツはノルウェー国王のもとへ公使を差し向け降伏を要求。国王はナチスに従うか国を離れて抵抗を続けるかの選択を迫られる。ホーコン7世を『007』シリーズの悪役ミスター・ホワイトなどで知られるイェスパー・クリステンセンが演じる。

 

言いたい放題

アイラ♡ 史実をかなり忠実に再現してあるのでしょうね。ノルウェーの映画界が力を込めて製作したという印象で、戦時に誇りを失わなかった国のあり方を賞賛する熱い内容の作品。国内でも大ヒットしたそうやし。

キット♤ 第二次世界大戦のさなか、ドイツ軍がいきなりノルウェーへ侵攻してきた後の数日間のドラマ。ノルウェーは立憲君主制なので国王が政治や外交に直接関与することはないけど、侵略する側のドイツの公使はヒトラーの指令を受け、国王相手に降伏の交渉をしかけてくる。ドイツの軍部は国王を捕らえて力づくで国ごと押さえつけようとする中で、王もぎりぎりの決断を迫られる。

♡ 国王の判断は映画のタイトルの通り。何でもヒトラーの名を冠せば当たると考える配給会社の短慮はもうやめてほしいわね。原題のままでええと思うのやけど・・・。

♤ 内容のほうは、王族一家の北への逃避行、腰抜けの内閣、弱そうなのに頑張ってドイツと戦おうとするノルウェーの兵士たち、国王と息子の微妙な考えの違いなどのエピソードを散らしながら、手際よくかつリアリティのある描写でよくまとまってる。

♡ そうそう。若くて血気盛んで、内閣にも強く対応しようとする皇太子に対して、父王はドイツ侵攻を知って憔悴していくばかり。どちらかというと、孫たちと遊んでいるのが楽しい好々爺という対象的な描かれ方なのよね。私も含め大半の日本人は知らないでしょうけれど、ホーコン国王はデンマークから迎えられ、かつ国民投票によって信任を得た、いわば国民に選ばれた王様。“民主主義”というものを最後まで尊重し、それに対して謙虚であろうとする国王の姿が本作の重要なテーマ。

♤ 特に後段において、国王ホーコン7世役のイェスパー・クリステンセンの存在感が際立っていく。けど、これに相対するドイツ公使役のカール・マルコビクスがけっこう良かったな。本作でのドイツ公使のミッションは、ドイツ外交の窓口としてノルウェーに降伏文書にサインさせること。ところがノルウェーの交渉相手はのらりくらりで、ドイツの軍部は協力しないどころか脅かしてくる。ノルウェーに対して同情的な考えを持ってはいるけど、総督から喝を入れられると盲目的に従わざるを得ず、そうこうしているうちに奥さんにも逃げられかけるという気の毒な役。しかも、マルコビクスの見た目がそういう役どころにぴったりハマってる。ちなみに史実によると、ブロイアー公司は降伏交渉をまとめることができずに左遷されているらしい・・・。

♡ かわいそうに・・・。本来は有能で人情味のある外交官なんやろうけど、戦時においては所詮ただの使いっ走り。苦しい役回りではあったよね。けど、ドキュメンタリー的になりそうな作品において、ホーコン国王やブロイアー公司の人間味を描き出したところは良かった。人間味といえば、セーベルという初々しい少年兵の存在も印象的やったね。

♤ 『スター・ウォーズ』のエピソード5「帝国の逆襲」に出てくる兵士たちの白ずくめの軍服みたいでよかったな!

♡ そういう話かい。ともあれ、「国民に選ばれた王である」との一言とともに厳然たる態度で事に処していく後半は見ごたえがあったし、王族が現在も国民の敬愛を受けているというエンディングには目頭が熱くなった。「国の行く末は国民の総意で決まる」という国王の考えはその通りやと思う一方で、国民が成熟していなければ、民主主義は維持できないということをつくづく感じさせてくれる作品。

♤ ただ、もっとも民主主義の概念が国民に浸透している国で、わざわざ他の国(デンマーク)から王さんを呼び寄せて立憲君主制度にするその気持ちがイマイチよくわからんのやけど・・・。

♡ 単に人がおらんかったのと違うやろか。けど、それでいいかどうかを国民投票で決めたのはやっぱり民主主義国家。国民もまたともに責任を負っていけるかどうかが国家としての成熟なんやろなぁ。日本はその点さびしいなぁ・・・。

 

予告編

スタッフ

監督 エリック・ポッペ
脚本 エリック・ポッペ
ハーラル・ローセンローブ=エーグ
ヤン・トリグベ・レイネランド

 

キャスト

イェスパー・クリステンセン ホーコン7世
アンドレス・バースモ・クリスティアンセン オラフ
カール・マルコビクス クルト・ブロイアー
カタリーナ・シュトラー アンネリーゼ・ブロイアー
ツバ・ノボトニー マッタ
ユリアーネ・ケーラー ダイアナ・ミュラー

 

レクタングル336

レクタングル336

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

20センチュリー・ウーマン(20th Century Women)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ ゲイの父親をモデルに『人生はビギナーズ』を撮ったマイク・ミルズ監督が、続いて実母をモデルに製作。2017年アカデミー賞脚本賞ノミネ …

The Mercy

喜望峰の風に乗せて(The Mercy)

おすすめ度 キット ♤ 2.0 ★★ アイラ ♡ 3.0 ★★★ 実際に起きたヨットレースでのいたましい出来事に基づくドラマ。監督は『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュ。主演は『英国王のスピ …

「ノーエスケープ」のポスター

ノー・エスケープ 自由への国境(Desierto)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ 『ゼロ・グラビティ』でアルフォンソ・キュアロン監督と共同脚本を手がけた息子ホナス・キュアロンの監督作品。豊かさを求め、危険を顧み …

A Taxi Driver

タクシー運転手 約束は海を越えて(A Taxi Driver)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ 1980年5月に韓国・光州市で起きた学生・市民による大規模な民主化要求暴動を軍が鎮圧した「光州事件」。その状況を世界に伝えたドイ …

Ce qui nous lie

おかえり、ブルゴーニュへ(Ce qui nous lie)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリー(ドメーヌ)を舞台に、ここで成長した3人兄弟それぞれの生き方を描く。世界を旅するため家を出た …