レビュー

クリミナル 2人の記憶を持つ男(Criminal)

投稿日:2017年3月17日 更新日:

おすすめ度

映画「クリミナル 2つの記憶を持つ男」のポスター

キット♤ 2.5 ★★☆
アイラ♡ 3.0 ★★★

重大な情報を抱えたまま殺害されたCIAエージェントの記憶を脳に移植された囚人が、テロリスト集団に挑んでいくスパイアクション。米軍の核ミサイルも遠隔操作できるプログラムを開発した謎のハッカー“ダッチマン”。彼の居場所をつきとめながら、任務中に無残に拷問死したビリー。その記憶を凶悪犯ジェリコの脳に移植する禁断の手術が行われる。2人の人間の記憶に翻弄されつつテロを防ぐため孤独な戦いに挑んでいくジェリコ。記憶が消え去る48時間しか猶予はない・・・。ジェリコにケビン・コスナー。ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、『デッドプール』のライアン・レイノルズ、『ワンダーウーマン』のガル・ガドットらが脇を固める。

 

言いたい放題

キット♤ 結論からいうと、ケビン・コスナーはまずまず良かったかな。今までどちらかというとスマートな役が多かったと思うけど、この映画では子どものころに受けた脳の怪我が原因で、感情を持てない残虐な犯罪者という役。見た目もクルーカットに髭面でずいぶんとイメチェンに挑戦している。今さらアクションという柄でも歳でもないけど、ほどほどに頑張ってたな。

アイラ♡ ケビン・コスナーも、最近はスーパーマンのお父さんとか、ゲスト出演が多かったけど、こんなふうに演じる役のイメージの幅が広がれば、かなり渋かっこいい老齢俳優になっていける気がしたよ。

♤ 『アンタッチャブル』でトップスターに仲間入り、その後もヒットを続けて『ダンス・ウィズ・ウルブズ』で頂点を極めたまではよかったんやけど、『ウォーターワールド』の失敗が長いこと尾を引いて鳴かず飛ばずが続いたという感じやもんな。演じるイメージもあまり代わり映えがしなかったし、久しぶりに主演で観た『ドラフト・デイ』も最悪やったし・・・。

♡ で、今日の映画。記憶を移植するという部分が目新しいのを除けば、これとてそう特筆するところのない作品ではあったわね。どんな帰結になるかもだいたい予想ができる。でも俳優陣は新旧取り混ぜ豪華に起用していて安定感があったし、予定調和的な展開ゆえに平均点はとれる仕上がりになってる。そこそこには楽しめるのと違う? 

♤ まぁな。まず、この手の映画としてはキャストはかなり豪華。けど、ケビン・コスナー以外については何というかもったいない使い方やなぁ。死んだ人の記憶を別人に移植する博士役にトミー・リー・ジョーンズ。マッド・サイエンティストかと思ったら、意外とええ人役なんやけど、出演場面は限られてゲスト出演+αくらいの登場回数やろ。『デッドプール』のライアン・レイノルズは、追っ手から逃れてロンドン市内を動き回る最初の10分くらいの緊迫シーンで期待させたけど、敵の手に落ちてその後はまったくセリフのない役(笑)。『ワンダーウーマン』のガル・ガドットの存在も、ストーリーには大きく影響しない。唯一、ゲイリー・オールドマンがCIAのボス役で存在感をみせるけど、敵対するテログループに対して常に後手に回って、やることなすことうまくいかない気の毒な役やし。

♡ でも、それぞれにええ味を出してたよ。トミー・リーの枯れた感じはなかなかの新境地やし、いつもクールな役のゲイリー・オールドマンが、無能感を漂わせて騒ぎまくる役で意表を突いてくるし。ガル・ガドットは素敵に美しくて、どこかで観たなぁと思ったらワンダーウーマンやったのね。とはいえ、まぁ物語としてはかなり雑やわね。この手のものはこんなもんでしょうけれど、演技陣の顔ぶれからみるとちょっとアンバランスやったかも。

♤ 雑やろ。ラスト近く、テロが待ち構えているところへケビン・コスナーが一人で乗り込んでいくときに持っているのが手斧一つ。普通はこれでは勝てない。悪者が女子供を人質に取るのは古典的なパターンやけど、その人質をうまく利用できていないし、突っ込みたくなるところはいくつもある。観終わった感じは、あまり売れていないペーパーバックのサスペンス小説を読んだときの印象に似てるな。それなりには楽しめるけど、筋は単純で意外性はない。平凡な作品に終わってしまってる。

♡ ひとつの見せ場としては、ジェリコは幼少時の脳障害が原因で、感情もなく、暴力にも歯止めをかけられない凶悪犯。そこへ温かな家庭を持つビリーの記憶が注がれることで、短時間とはいえ人間味を帯びた人になる。それに戸惑うジェリコなんやけど、ケビン・コスナーがこういう現実味のない、しかももっとランクの低い俳優がやってもよさそうな役を本気で演じてたのがなかなか楽しめたってとこかしらね。

 

予告編

スタッフ

監督 アリエル・ブロメン
脚本 ダグラス・クック
デビッド・ワイズバーグ

 

キャスト

ケビン・コスナー ジェリコ・スチュワート
ゲイリー・オールドマン クウェイカー・ウェルズ
トミー・リー・ジョーンズ フランクス医師
ガル・ガドット ジル・ポープ
ライアン・レイノルズ ビル・ポープ
アリス・イブ マルタ・リンチ

レクタングル336

レクタングル336

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Secret Superstar

シークレット・スーパースター(Secret Superstar)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ 『きっと、うまくいく』などで日本でも人気のインド映画界のスーパースター、アーミル・カーン製作。主人公を支える音楽プロデューサー役 …

On the Milky Roadのポスター

オン・ザ・ミルキー・ロード(On the Milky Road/На млечном путу)

おすすめ度 キット♤ 4.0 ★★★★ アイラ♡ 4.0 ★★★★ ジム・ジャームッシュやジョニー・デップも敬愛するボスニア・ヘルツェゴヴィナの名匠エミール・クストリッツアが9年ぶりに撮った長編映画。 …

Maudie

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(Maudie)

おすすめ度 キット ♤ 4.0 ★★★★ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ カナダのフォークアートの画家モード・ルイス夫婦の半生を描くドラマ。カナダ東部の小さな町。子どものときから重度の関節リウマチを患う …

「約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー」のポスター

約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー(Take Me to the River)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ ブラック・ミュージックの故郷ともいうべき米メンフィスを舞台とする音楽ドキュメンタリー。ブルース、ソウル、R&Bなどの分野 …

Ralph Breaks the Internet

シュガー・ラッシュ オンライン(Ralph Breaks the Internet)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 4.0 ★★★★ アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフと少女ヴァネロペの冒険と友情を描いたディズニーアニメ『シュガー・ラッシュ』の続編。 …