レビュー

スパイダーマン ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)

投稿日:

おすすめ度

スパイダーマン ホームカミングのポスターキット ♤ 3.0 ★★★
アイラ ♡ 3.0 ★★★

マーベル・コミックから、『スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』に続く3度目の映画化となる作品。2016年の『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』で初登場した後のスパイダーマンを描く。前作でトニー・スタークからもらった特製スーツを着ては街の人々を助ける放課後を送っていたピーター・パーカー。そこへスタークに恨みを抱く謎の敵が現れる。正式にアベンジャーズに仲間入りしたいと気がはやるピーターは、スタークの命を無視して戦いに挑むが…。悪役のバルチャーには『バットマン』出演経験もある『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン。監督は、ミュージックビデオ出身で『クラウン』『COP CAR コップ・カー』で注目された新鋭ジョン・ワッツ。

 

言いたい放題

アイラ♡ 次回作への踏み台として作られているのが丸見えなので、ちょっとポイントを下げてみたけど、とはいえとても楽しかった! 悪役もキャラが立ってたし、何といっても15歳に若返ったピーター・パーカーが文字通りの“中二病”。前作でアベンジャーズ間の争いというか内輪もめ(?)に参加して、キャプテン・アメリカの盾を奪ったことにきゃっきゃと興奮してたり、その様子を自撮りしてたり、おバカぶりがなかなか新鮮で好感が持てる。

キット♤ スパイダーマンの実写化としては6作目になるんやな。最初の3作はサム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演。その後アンドリュー・ガーフィールド主演の『アメイジング・スパイダーマン』が2本製作されたけど、興行不振で続編が撮られなかった。満を持して撮られた本作は、マーベルのキャラクターがクロスオーバーする『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』の映画として再登場となった。なので、MCUでのリーダー格であるアイアンマンとキャプテン・アメリカがちょこっと出てくる。

♡ アイアンマンことトニー・スタークは、ピーターにとってはメンター的存在。まだまだ子供っぽいピーターの精神的支柱となって育てていくというのが、これからの筋書きの下地になっていくのやろね。

♤ 今までのスパイダーマンは、困難に遭遇しても一人で戦ってきたけど、いまは完全に見習い以前の扱い。本人は早くアベンジャーズに参加したいけど、スタークには「ご近所で頑張ってたらいい」と言われる始末。学校の中のシーンも多くて、前2作よりも学園ものの雰囲気が強くなったな。

♡ 賛否は分かれるのでしょうけど、青春映画のような作り。前2作のように悩み多き屈折キャラではなく、やたら無邪気でやたらちょこまか動くピーターは、親近感があってとても可愛い❤ かつてのマイケル J.フォックスを彷彿とさせるね。しかも『スター・ウォーズ』大好きときてる。ただ、未熟さゆえに失敗するピーターをスタークがいさめるという部分が多くて、スパイダーマンの話やのにアイアンマンが出すぎという違和感はあったかな。

♤ 悪役のバルチャーを演るのはベテランのマイケル・キートン。このバルチャーという役、原作のコミックでは緑色の翼を付けたハゲタカのような感じで見た目イマイチやねんけど、映画では2つのファンが組み込まれた脱着式の翼が金属的な質感で、かなり格好ええんやな。根っからの悪人ではなく、仲間を守るために悪の道に入ったという設定にしているところはマイケル・キートンに配慮してのことか?  マイケル・キートン自身、さかのぼればマーベルと対抗する大手コミックDCの主要キャラクターである『バットマン』に主演していたというのもおもしろい。

♡ マイケル・キートンの悪役ぶりはいい味わいやねぇ。個人的には、NYを舞台に一人で悪と戦う、従来のスパイダーマンのちょっとダークでビターな世界が好きやっただけに、MCUに組み込まれていくという流れはどうなのなぁという思いはある。他のシリーズも全部観ておかないとわからない小ネタも多いので、この路線で進むとマーベル作品の熱心なファン以外を置き去りにしかねないよね。

♤ 逆にマーベル好きには面白さが倍増するんやろけどね。今後はMCUの中で、スパイダーマンがアベンジャーズの一角として登場することも期待できそうで、それはそれで楽しみや。あと、フェリーやエレベーター、バルチャーとの戦いなどの特撮シーンはすごくよく出来ている。

♡ 新しいスパイダーマン・スーツもかっこええよ~! 

 

予告編

スタッフ

監督 ジョン・ワッツ
脚本 ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
ジョン・ワッツ
クリストファー・フォード
クリス・マッケーナ
エリック・ソマーズ

 

キャスト

トム・ホランド ピーター・パーカー/スパイダーマン
マイケル・キートン エイドリアン・トゥームス/バルチャー
ジョン・ファブロー ハッピー・ホーガン
ゼンデイヤ ミシェル
マリサ・トメイ メイおばさん
ロバート・ダウニー・Jr. トニー・スターク/アイアンマン
ドナルド・グローバー アーロン・デイビス
タイン・デイリー アン・マリー・ホーグ
トニー・レボロリ フラッシュ
ローラ・ハリアー リズ
ジェイコブ・バタロン ネッド
アンガーリー・ライス ベティ

 

レクタングル336

レクタングル336

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Tully

タリーと私の秘密の時間(Tully)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.0 ★★★ 『JUNO ジュノ』『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンと再びタッグ …

Ready Player One

レディ・プレイヤー1(Ready Player One)

おすすめ度 キット ♤ 4.0 ★★★★ アイラ ♡ 4.5 ★★★★☆ スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』を映画化。失政のため貧富差が拡大し、トレーラーを …

ローガンのポスター

LOGAN ローガン(Logan)

おすすめ度 キット ♤ 3.0 ★★★ アイラ ♡ 3.0 ★★★ 「X-MEN」シリーズのウルヴァリンことローガンを主役に置く「ウルヴァリン」シリーズ第3作。長い戦いに疲弊し、不死身の能力が失われつ …

エル ELLEのポスター

エル ELLE(Elle)

おすすめ度 キット ♤ 3.5 ★★★☆ アイラ ♡ 3.5 ★★★☆ 『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の原作者フィリップ・ディジャンの小説『oh…』を実写映画化したサスペンス。ゲーム会 …

If Beale Street Could Talk

ビール・ストリートの恋人たち(If Beale Street Could Talk)

おすすめ度 キット ♤ 4.0 ★★★★ アイラ ♡ 4.5 ★★★★ 『ムーンライト』で一昨年のアカデミー作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督が、1970年代のニューヨークに生きる若い2人と彼らを …